シンガポール

【シンガポール旅行】持ち物リストと注意点は?

 

おはMATTA~!(/・ω・)/

今回はシンガポール旅行で持っておいたら役立つものや便利な物を実体験をもとに紹介していきます。

合わせてシンガポールの気候などの基本情報まとめています。これからシンガポールに旅行に行こうと考えている方に必見の記事になっています。

妻
持ち物も気になるけど注意点って何…?
たいき
たいき
注意点は一番最後に紹介してるよ!

シンガポールってどんな所?

シンガポールはマレーシア半島の最南端に位置しています。

天気や気候

熱帯性で基本的には一年中最高気温が30度前後の常夏の国。

雨季:10月~3月

気温はさほど変わりはないですが、少し雨が降る量が多くなるのがポイントです。雨が降るといっても日本の様に1日中振り続ける事はなく1~2時間降る程度です。

乾季:4月~9月

降水量は少ないですが、夕方にスコールが増えます。

おすすめの持ち物

シンガポールだからこそ必要な物

・上着
・日焼け止め
・使い捨てスプーン
・雨具
・スーパーの袋

上着(必須)

シンガポールでは外が暑いのでショッピングセンターやタクシー、バスなどの室内は冷房でかなり冷やされているので寒く感じること多いです。その為、薄手の羽織る物があると安心。せっかくの旅行で風邪をひかない様に気を付けましょう。

たいき
たいき
女性のみ心配してしまいがちですが男性も寒く感じるくらい冷えていることもあるので、男性も風邪をひかないよう気を付けてください!

日焼け止め

実際に私達は夫婦で毎日ぬっていました。さすが常夏の国!日中の気温の上がり方や日差しの強さは想像以上にきついので特に日焼けが気になる女性の方は気を付けましょう。

使い捨てスプーン

シンガポールでは食事をフードコートで食べる事が多くなります。フードコートでもスプーンやフォークは用意されていますが、キレイに洗われていない事も多いようなので気にされる方や小さいお子さんがいらっしゃる方は持って行きましょう。合わせてウェットティッシュも持って行くと便利ですよ!

100均などでいっぱい詰まったものが売っているので簡単に入手できます


 雨具

急なスコールやたまの雨が降るので折り畳み傘(出来るだけ小さめ)などを常備しておく事をオススメします。

スーパーの袋

スーパーの袋である必要はありませんが、ごみ袋を持っておくと便利です。シンガポールはポイ捨てなどに厳しく罰金もあるのでごみ袋を持参し対応するようにしておきましょう。

海外旅行の際に必要な持ち物

・パスポート
・保険付きのクレジットカード
・ポケットWiFi
・生活品(ヘアケア類・化粧品等)

保険付きのクレジットカード

エポスカードは海外保険付きクレジットカードの中でも保障が最強なのでまだ海外保険付きのカードをもっていないという方は
【エポスカード】がおすすめです。

ポケットWiFi

シンガポールに行く場合にオススメなのはシンガポールDATAになります。実際に私達がシンガポールに行った際も利用しましたが速度が遅いという事なく利用できました。

他のおすすめポケットWiFiや利用方法については以下の記事を合わせてお読みいただくと詳しくご理解頂けます。

生活必需品

男性はワックスやジェル女性ではヘアアイロンや化粧品。ここで注意が必要な物はドライヤーです。ドライヤーは海外対応していないと急に燃え始めたりする事があります。ドライヤーはホテルに備え付けられている事が多いのでもって行く必要は無いと思います。(実際に私達は1回も持って行った事がありません)

どうしても必要な場合は以下の商品がオススメです。

シンガポール旅行の際の注意点

シンガポールはポイ捨てに厳しい国です。

ポイ捨てをした場合

初犯は最高1000ドル、再犯は最高2000ドル+清掃作業

またMRT(電車)内での飲食も禁止です。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。

シンガポールは治安、清潔さ気温も過ごしやすく観光に適した国です。

上記の持ち物を参考にして頂いてより快適な旅にして下さい!

ABOUT ME
taiki
初めまして!ご覧いただきありがとうございます♪ このサイトは夫婦で運営しています。趣味は旅行とJリーグのセレッソ大阪を応援する事です! お問合せはLINE@やSNSのDMからお気軽にご連絡下さい♪