シンガポール

【これで完璧】シンガポールで免税を受ける方法を分かりやすく解説

妻
今度、シンガポール旅行に行ったら免税でたくさんショッピングがしたい♪
たいき
たいき
シンガポールの免税は自分で申請しないといけないけど、分かっていれば簡単に手続きが出来るので今回は動画付きで詳しく紹介していきます。

これからシンガポール旅行に行く方必見です。是非免税の受け方をマスターして旅行をお得に楽しんでください。

Duty FreeとTax Freeの違いとは?

シンガポールの免税店には「Duty Free」「Tax Free」の2種類があります。どちらも免税のことですがどういった違いがあるのか順に解説して行きます。

Duty Free

「Duty Free」は消費税に加えて、外国製品がその国に入る際に生じる関税たばこ税酒税が免税になる免税店のことです。日本では空港型免税店とも呼ばれ、主要空港と沖縄県に唯一の路面店「Tギャラリア 沖縄 by DFS」があります。

次に紹介する「Tax Free」との最も大きな違いは、購入した商品をその場で受け取らず、帰国する際の空港の専用カウンターで引き取るということです。

Tax Free

次に「Tax Free」ですが、日本でもここ数年で増え続けている消費税の免税手続きができる店舗のことをいいます。家電量販店やドラッグストアでは「Tax Free」と書かれた大きな看板を掲げているところが多いので、皆さんも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

「Duty Free」に比べ街中のいたるところに店舗があるため、多くの商品の中から選ぶことができ、空港での引き取りなど面倒な手間がないのが特徴です。

シンガポールの免税店舗

・Tギャラリア シンガポール By DFS
・DFS シンガポール チャンギ空港店
・DFS シンガポール クルーズセンター ハーバーフロント店
・DFS シンガポール クルーズセンター タナメラ店
・THE SHILLA Duty Free(新羅免税店)

ここで購入しても何も手続きをしなければ免税になりませんので、必ず手続きをするようにして下さい。

シンガポールの免税制度

シンガポールの免税制度ではTaxfreeの加盟店で100SGD以上を購入した際に消費税の7%に当たる税金を自己申告にて還付してもらえる制度です。

免税を受けるための基準

次に免税を受けるにあたっての条件について詳しく紹介して行きます。

免税を受けれる条件
  1. Tax Free shoppingと書かれたTRS(旅行者払戻制度)(TRS)の加盟店で購入したものであること。
  2. タックスフリー加盟店で、免税書類を発行して貰っていること。
  3. 購入日から60日以内であること。
  4. 税関印受領日から60日いないであること。
  5. 加盟店での1回の購入では100シンガポールドル以上であること。同じデパートなどのGST登録番号のショップの同日レシートであれば、3枚を合算して計算することが出来ます。
  6. 対象品は未使用で、且つパッケージも開封されてないこと。
  7. 購入者が15歳を超えていること。
  8. 商品購入日より依然の24ヶ月以内にシンガポールに365日以上滞在していないこと。
  9. シンガポール市民もしくは永住資格者ではない。
  10. 航空機もしくは船舶のクルーではない。
  11. チャンギ空港かセレター空港から出国する。つまり陸路は対象外です。

またTaxFree加盟店で購入したからといって定員さんが親切に免税手続きの必要書類を準備してくれるという事はありません

免税を受けたい場合は

たいき
たいき
TaxFree OK?

などとこちらから申告する必要があります

免税店にて自己申告し、必要書類をもらう

免税店にて購入後、自己申告にて免税書類をもらいもす。

またこの免税書類は空港にて提出しますので帰国日まで大切に保管しておいてください。

空港にて手続きをする

空港にて免税申請に必要な書類

・パスポート
・ボーディングパスもしくは航空券
・免税の申請用書類:バウチャー(eTRS)
・購入時のレシートまたは領収証
・購入品(未使用・包装を未開封であること)

たいき
たいき
申請は本人のみが手続き可能で、家族などが代理で行うことは出来ないので注意してください。

空港にて手続きを動画で紹介

続きて実際の手続きの仕方については詳しくKKday(※KKdayとは?)が紹介してくれています。

文字で見るより動画で確認する方が分かりやすいと思うので是非この動画を確認してみてください♪

妻
また7%の返金方法をクレジットカードにしたらより簡単に手続きができました!

シンガポールでうまく買い物を!

今回のまとめ

・シンガポールの免税店には「Duty Free」と「Tax Free」
・免税を受ける場合は自己申告
・空港にて手続きが必要
・手続きはとても簡単
⇒クレジットカード返金にするとより簡単

たいき
たいき
シンガポールにはUSSなどさまざまな観光場所があるので是非楽しんで来てください。

下にお得なチケットを購入できるサイトを貼っておくので是非お得に上手に旅行をして下さい。

いってらっしゃい!

妻
いってらっしゃい♪

 

ABOUT ME
taiki
初めまして!ご覧いただきありがとうございます♪ このサイトは夫婦で運営しています。趣味は旅行とJリーグのセレッソ大阪を応援する事です! お問合せはLINE@やSNSのDMからお気軽にご連絡下さい♪