旅行

【Wi-Ho(ワイホー)】料金や口コミを徹底解説

今回は海外旅行の必需品であるポケットwi-fiのWi-Ho(ワイホー)について詳しく書いて行きたいと思います。

ワイホーの料金やシステムについて詳しくご紹介!



ワイホーとは?

Wi-Ho(ワイホー)は、株式会社テレコムスクエアが提供する海外向けWiFiレンタルサービスです。

世界200以上の国と地域をカバーしています。
定額制の1カ国専用プランと、複数国の周遊プランから選ぶことができます。

オプションでは、レンタル品の紛失や盗難を補償する「あんしん保証」モバイルバッテリー(薄型、レギュラー、大容量の3種類)USBカーチャージャーなどを提供しています。

料金システム

アメリカ本土の場合

プラン名容量1日料金
通常プラン300MB750円
大容量プラン500MB1,050円
1ギガプラン1GB1,250円
無制限プラン無制限1,850円

 

実際に使用した料金・明細

 

実際に私達がワイホーを使用した時の明細を載せておきます。

使用場所は:タイ
日数:5日間
受け取り方法:郵送
返却方法:関空カウンター

5日間で3855円です。

キャンペーンを使用したので本当に安く借りる事が出来ました!
この様にワイホーは無制限Wi-Fiが安く借りれるのがポイントです。

 

メリット・デメリット

メリット

他のポケットWi-Fiより安い

ワイホーは他のポケットWi-Fiと比較して料金が安く設定されています。

ではどのくらい違いがあるのか実際の料金を用いながら他社と比較していきます。

(例:アメリカ本土での1日の使用料金で比較)

ワイホーイモトのWiFiグローバルWiFi
500MB
(600MB)
1,050円1,580円1,270円
1GB
(1.1GB)
1,250円1,880円1,470円
無制限1,850円2,380円2,170円

 

上記表を見ていただけるとわかる様にワイホーが1番リーズナブルです。

安いからといって繋がりが悪いという事はなく、問題なく使用できました。

利用できる国が多い

ワイホーが利用できる国は200か国以上です。

先ほど料金比較した他社2社も200か国以上と、知名度ではイモトなどがすごい気がしてしまいますが、ワイホーも料金・利用できる国の両方に力を入れ頑張っています。

受取当日の30分前まで予約可能

予約し忘れてた方でも【直前予約】が可能ですの為、急な出張などにも対応しています。(オプション料として500円必要です)

送料が無料になる

3000円以上の場合送料が無料になります。
先ほど上記で載せた明細を見ていただけるとわかると思いますが【郵送が無料】になっています。

デメリット

受け取り専用ロッカーが無く手続きに時間が掛かる

グローバルWiFiのように受取専用ロッカーがありません。
空港で引き取る場合はワイホーのカウンターで手続きが必要となります。

受け取りの際は受注確認書とパスポートが必要です

 

受け取り場所

引用:ワイホー公式より

 

受け取り場所は上記の通りです。

また上記画像に返却BOXの有無も記載されています。

実際に使ってみた感想

3度利用していますが、毎回安く利用できて満足しています。

カウンターでの受け取りをした場合は使用方法なども丁寧に教えて頂けました。

郵送の場合はきちんと届くのか(絶対に届きますが…)不安な方も多いと思うので不安な方は空港受け取りにして不安なく使用できるようにして行って下さい。

口コミ紹介

次にワイホーの実際の口コミ等を紹介していきます。

https://www.instagram.com/p/B679yNTpEtl/?utm_source=ig_web_copy_link

 

 

他のWi-Fiは繋がりが悪い等たくさん悪い口コミもありますが良い口コミもたくさん出てきます!



ABOUT ME
taiki
初めまして!ご覧いただきありがとうございます♪ このサイトは夫婦で運営しています。趣味は旅行とJリーグのセレッソ大阪を応援する事です! お問合せはLINE@やSNSのDMからお気軽にご連絡下さい♪